地道に働く事しか出来ないです

友達で起業して「一発勝負を賭けて成功してみせる」と言っていましたが、1年で駄目になりました。その友達は今はコンビニでアルバイトをしています。
今の時代ってやはり独立して成功させるにはあまりにハードルが高いのかなと思いました(苦笑)。

実際に何の仕事をしていたかは教えてくれませんでしたが、奥さんと子供がいるのに思い切ったなと思いました。
でも、ちょっと頂けないのは、たまに合ってお酒とか飲みますが、「あの時にこうすれば、あれが無ければ」と愚痴ばかりなので聞いていて流石に疲れます。

元々、会社の同僚でした。仕事はお世辞にも良く出来ると言うのは無かったですが、世間の流れには敏感でした。それが起業するキッカケだったとは思いますが。
でも、飲んだ席で「仕事は地道に働くのが良いかも知れない」とは最近良く口にしています。やっぱり失敗が骨身に沁みたみたいです。

当然、独立起業はしません。ますます景気が悪くなってくるみたいなので地道に働きます。

女優を目指すためにも最近では脱毛を頑張っています。赤ちゃん肌を目指すのはこの年からでも大丈夫だと思います。
そして今回はサンシャイン付近で脱毛しようと思います。
銀座カラー 池袋 場所
ここから予約もとれますし、私にとってはアクセスも簡単なので週末にいってみますね。
そして駐車場もあるから車でいくか迷い中。

http://銀座カラー池袋.tokyo.jp/

暑い国の人、ここが残念

仕事でいろいろな外国人とお会いします。主に気候の暑い国の方が多く肌の色が黒かったりしますが、中には日本人とあまり変わらない見た目の方もいます。

でも見た目は変わらなくても雰囲気が違うので興味深いです。何が違うのかそれとなく観察しますが、これという整然と説明できる点は見つかりません。

なんとなく…としか言いようがないです。例えば、日本人は絶対着ないだろうと思う服を着たり、首の振り方が違ったり、お茶の飲み方がぎこちなかったりといった程度です。

どんな風に過ごそうとその方の勝手ではありますが、靴の脱ぎ履きだけは徹底していただきたいと思います。
郷に入っては郷に従えといいますから、日本にいる間は日本のルールに合わせる気持ちを見せるのが国際人には必要であって、地面も畳も裸足で歩くことを「文化の違い」で笑って許せるほど私は心が広くありません。

というか日本の家屋はそうはできていません。かといって注意されたことを日本人ほど重く受け止めないのも彼ら特有なのでお世話が大変なのです。